釣り道具

親子釣り用ロッド

我が家の釣り道具の紹介は>>>こちら

まず1本揃えるなら2号が3号がいいでしょう。乱暴な説明ですが号数が上がると竿が硬くなります。長いと取り扱いが難しくなるのではじめの1本は長くても4.5mくらいまでがお勧めです.サビキなら3m程度の竿でも十分楽しめます.むしろ小学生低学年くらいまでは3m程度のシーバスロッドなどが扱いやすい.防波堤の釣りはいつの間にか傷がついてトップガイド(竿先)の破損率は高いです.竿先の20cmくらいまでの破損までなら再生可能です.トップガイドだけの購入可能なので修理しながら使えます.

とにかく海釣りをしたいというなら2号か3号です。サビキ釣りからタチウオ、スズキ、チヌなどもとりあえずは可.子供は長いと取り扱いづらくなるので4.5mまで.
サビキメインなら1.5号がお勧め。繰り返しになりますが、長いと取り回しが大変になります.竿先が弱いので取り扱いには十分な注意を払おう.
子供が小さいうちは長めのシーバスロッドもお勧め.丈夫ですしでパワーもあるので40cmくらいのサバでも抜き上げできる.竿先も丈夫なので荒っぽい使い方をしても破損の率が低い.

 

親子釣りリール

リールはシマノかダイワのものを選んでおけば間違いない.性能は価格に比例しているので予算内ギリギリのできるだけ高いものを選ぶといいでしょう.シマノなら2500番か3000番、ダイワなら300番台あたりがいいでしょう.シマノ派、ダイワ派論争がありますが、基本的に同価格帯のものは性能も一緒です.見た目で気に入ったものを選んでOKです.

購入このあたりのレベルのものを購入しておけば本格的にのめり込んでもサブのリールとして活躍します
ここ数年、ダイワのほうがデザインに力を入れています.見た目はダイワが有利か?
コスト重視で考えるならライン付きのリールも販売されています.

必須フィッシングアイテム

サビキ釣りなどは1一人1本あってもいいくらいです.一瞬の時合いを効率よく釣りするために絶対必須アイテム.
(ペンチです)魚に針を飲まれたときなど、人の怪我や仕掛けを守るためにも必要です.
ハサミ3点セットの最後.使用率が高いことが理由か?なんで無くなるの?ないと不便なので予備も含めて準備.
水汲みバケツは小さいものを.大きいものを選ぶと後々後悔しますよ.
釣った魚を新鮮な状態で持ち帰るために必須です.大きすぎると運ぶのが大変なので1台目は12Lあたりまでがベスト.
お守りみたいなもんなのですが、準備していなくて悲しい思いをすることも多いので準備しておきましょう.

あれば便利フィッシングアイテム

陸っぱりでの釣りでは33mバッカンあたりがお勧め.大きいと詰め込んでしまって機動力が下がります.
クラーやバッカンは小さいものを勧めましたが、カートはタイヤの大きい幅広のものを選びましょう.
手を汚すことなくサビキカゴに餌を入れる道具 1度使うとやめられなくなります

 

タオル
ほぼ必須品 雑巾になる1歩手前のタオル2枚くらいあると便利
軍手
魚を掴んだり、いろいろ活躍のシーンがあります
新聞紙
魚を包んだり、汚れ防止などに役立ちます
トイレットペーパー
半ロールくらいあると・・・万が一に備えて