大阪湾で落とし込み

大阪湾で落とし込み 2020/07/19

いや~難しい

ご存知の通りこの釣りは

①まずはベイトとなるイワシをサビキ仕掛けに掛ける
②本命のいる層に落としハマチやメジロなどの青物

嬉しいゲストとしてサゴシ、アコウ、時にはヒラメなどのBigゲストを招くに二段階仕掛けの釣りです.

この落とし込みで一番悩むのが、①第一段階のイワシを掛けるところ

なにせ、イワシが掛からないとこの釣りはスタートしないので、当たり前ですが、イワシが掛からないと何もはじまらないのです.

当たり前のことなのですが、この当たり前のことが確実にできないところが、この”落とし込み”という釣りのイライラや焦るところ

今回は運転がないので、釣りをする前は余裕

大阪湾の落とし込み

開始早々、アコウをGet この調子だとハマチは余裕だろという感じだったのですが・・・

大阪湾の落とし込み

残業も残業 必死のパッチ

大阪湾の落とし込み

どれも再現性がなく

アコウはイワシをかけてから底付近まで仕掛けを落としてという、意図した釣り方だったのですが

・①イワシ掛かる→②本命まで  ①でコンコンとなって間髪入れずに②の本命のアタリ
・2本目も①と②がほぼ同時
・3本目に限ってはホール中のHit・・・サビキ仕掛けをダイレクトに食った?

という、意図した釣り方でないので、再現性がない・・・
こういう釣りは、次回の釣りに役立つ情報が少ないので勉強にならないんですよね.

結論:落とし込みはよ~分からん

次回はまた来年かな