子供とと釣り和歌浦漁港

子供とと釣り和歌浦漁港

和歌浦漁港は旧大波止と新波止と中間にある港の湾内が主な釣りポイントになります.

子供と釣り和歌浦

ここは和浦漁港の大波止
年齢がバレますが、1980年台初旬、子供のころ、オジサンが紀州釣り(ダンゴ釣り)をしていたのを見ていたのはこの波止です.当時はライフジャケットなどの概念もなく、友達が海に落ちて、タモで引っ張り上げたというような記憶もある、懐かしい波止です.

加太なども有名ですが、このテトラなんかはガシラ(かさご)の穴釣りが有名で、大きければお刺身、普通サイズは煮つけ、小さいのは基本リリースですが、仕掛けを飲まれてしまったら、お味噌汁のダシになるというのが定説でした.

子供と釣り和歌浦

和歌山出身のせいか?ガシラ(かさご)は無臭で甘みを感じるのですが、メバルは独特のにおいを敏感に感じてしまって食べるのが苦手です.

大波止の先端 こういうのがあると、ますます根魚パラダイスになりますね

子供と釣り和歌浦

和歌浦漁港の大羽との根本

子供と釣り和歌浦

和歌浦漁港の内側
最近は少なくなったようですが、まづめの時間帯にアジ、サバ、イワシの回遊があります.

子供と釣り和歌浦

和歌浦漁港の東にできた新波止

子供と釣り和歌浦

和歌山のタチウオ釣りのメッカで5本の指の1つに入るくらい有名な太刀魚ポイントです.親子フィッシングなら、この写真の手前の角のあたりのポイントを早めにGetしておきましょう.

子供と釣り和歌浦

さすがに、この細い防波堤の外側を子供に歩かせるわけにはいきまんからね.内側でアジを釣って、それをエサにして、太刀魚やハマチなどを釣ったりすることができます.