ロッドホルダー

中型SUV車からミニバンと乗り継ぎ、車内スペーステキにまったく問題なかった車載用ロッドホルダー.ところが、子供が中途半端に大きくなり、習い事代、塾代の出費増えるも給料は平行線・・・買い替えるごとに車の排気量が小さくなり、とうとうコンパクトカーに.はたして、5ナンバーコンパクトカーにロッドを搭載することができるのか?釣りライフを楽しめるのか?を検証します.

検証車種:カローラフィールダー

ロッドホルダー

 車種によっては追加のアダプターが必要です 適応表 で要確認


それでは装着作業を進めます
ロッドホルダーは後部座席のアシストグリップ(車のつり革みたいなやつ)を取り外して装着します

ロッドホルダー

実は最大の難関はこのアシストグリップを外すことなんです(トヨタ車のアシストグリップを外す)

ロッドホルダー

暗い時間帯ですと見分けづらいので昼間に作業をすることをお勧めします
アシストグリップの支えとなっている箇所の赤矢印の位置を確認して下さい

ロッドホルダー

左右両方に小さい筋のような穴があります

ロッドホルダー

この穴に小さいマイナスドライバー(マイクロドライバー)を差し込みます

ロッドホルダー

ドライバを差し込んだらドライバーをグリっとひねります

ロッドホルダー

すると、キャップのようなものが浮いてきます

ロッドホルダー

反対側も同じようにグリっとやるとカバーは外れます

ロッドホルダー

とんでもなくおかしな形状をしたキャップが外れます
このキャップは200円くらいで購入できるようなので、最悪は破壊してもいいようです

ロッドホルダー

キャップを取り外すと銀色の金具がでてきます この金具を上下につまむとグリップが抜けます

ロッドホルダー

グリップを抜くと金具だけになります

ロッドホルダー

この金具を上下につまむと銀色の金具が抜けます
具この

ロッドホルダー

穴がむき出しになります この穴にロッドホルダーを取り付ける土台を埋め込みます

ロッドホルダー

ここで一旦ブレイクタイム 購入したロッドフォルダーのパーツで一番やっかいなのはこいつで

ロッドホルダー

ここまま取り付けられるわけではないのですが、とにかく家でこの状態を4個作っておきましょう

ロッドホルダー

この黒い部品4つでロッドフォルダーをささえることになります この写真はオプション品のアダプターをねじ止めした写真になっています この形を維持しながら六角アダプター(四角い部分)を取り外し

ロッドホルダー

先ほど、アシストフリップを外した穴に装着します

ロッドホルダー

この状態になると、先ほど家で準備いしておくようにとアドバイスさせて頂いた意味が分かると思います なぜこのような複雑が形状になっているのかは不明ですが?年間1000万台とかになるとこっちのほうがコストダウンになるんでしょうね?6年前に購入したノアあたりからこの形状のようです.おそらくここ最近のトヨタ車はこの形状が標準だと思われます.ロッドホルダーと合わせて六角アダプターの購入をお忘れなく.

ロッドホルダー

同じように作業して4ケ所装着してください はじめはしっかり締め付けづに、ガクガクしてるくらい ゆるゆる にしておいてください

ロッドホルダー

アルミの棒を通したら少し締めてもいいですが、まだ手で動かせるレベルにしておいてください

ロッドホルダー

後は特に難しいところはなく、マニュアルの絵のとおりやれば作業が進みます

ロッドホルダー

ロッドを固定する部分は最後方のセットでよさそうです

ロッドホルダー

ロッドの先端を支える部分は・・・この写真だと前過ぎです 後で後方に下げたのですが、前席のシートのヘッド部分あたりがベストかもしれません 

ロッドホルダー

繊細な短いロッドを積む場合はできるだけ後方にセットしたほうが安心できます

ロッドホルダー

いつのモデルからかは不明ですが、後部座席の真ん中の人用シートベルトがロッドフォルダー的にはジャマになります ギリ、シートベルト装着への支障がでない位置にあります(ギリセーフ)

ロッドホルダー

ロッド前を支える部分は後ろに下げましたが、天井にある支柱はそれほど動かすことはできませんが、これまたギリギリ車内灯のスイッチの調整はできます

ロッドホルダー

では、最後にどのような長さのロッドがコンパクトカー(カローラフィールダー)に搭載するとどんな感じになるかレポートします

ロッドホルダー

実際にロッドホルダーにロッドを装着してみました
淡水用1ピースロッド、海水用ロッド2ピースロッド いったいどのように

ロッドホルダー

実際にロッドホルダーにロッドを装着してみました その1
6フィート4インチ(UL)の1ピースバスロッドだとこのあたりまで まあそれほど穂先が繊細でないバスロッドなのでOKか

ロッドホルダー

実際にロッドホルダーにロッドを装着してみました その2
バスロッドの最長級 7.11ftだと・・・ ほぼ限界 穂先にが気になるバサーは何かしらのロッドカバーなりが必要かも まあ、琵琶湖でバスボートを乗り回すようなバサーはこんな小さい車じゃないと思うので心配する必要ないか(汗)

ロッドホルダー

実際にロッドホルダーにロッドを装着してみました その3
2ピースの86エギングロッド(8.6ft) おかっぱりエギングを想定、ポイント移動中を想定してみたところ

ロッドホルダー

あか~ん ぜんぜんあかんやん やっぱ車が短い・・・フロントガラスの中央までとびでています

ロッドホルダー

結論:バス用最長の1ピースロッド7.11ft(バスプロルール上の)はギリギリ搭載できるが、8fを超えるような長いエギングロッドの搭載は無理(繋いだままでは)のようです
燃費最優先でカローラフィールダーを購入しましたが、やはり釣りなどアウトドアにはミニバン最強かもしれませんね