淡路島(都志港)で親子釣り

7月11日(土) 淡路島

先週のリベンジ 都志港(場所)へ

今回は家族4人全員召集!
先週のハリス切れ5発 のこともあり、今回かなり自信満々
でっかいチヌみせたるからと・・・

AM5:30 都志港到着
大波止は先週より人は多そう
釣果はどうなんでしょう?さっと見てまわりましたが・・・イマイチ?

我々は先週同様、港内でチヌを狙う
エサの配合は先週と同じ。針も数種類揃え万全の体制
しか~し、時折小さいアタリがあるのみ

AM7:00 ようやく起きてきた息子はサビキ開始
小魚が寄ってくるも何も釣れない
それでも粘り続けると15~20cmほどの魚が釣れだした
何かようわからん・・・20匹ほど釣れただろうか
様子見に来た漁業関係のおじさんに聞いたところコノシロという魚とのこと
小骨が多い魚のようで、関東では食べるらしいのですが、なじみないのですべてリリース

AM:8:00 隣に入ったちょい投げチームの仕掛けにキスがつきだす
こんなこともあろうかと今回はチロリも準備していた
早速、投げ釣り仕掛けを準備
引き釣りをするとほぼ毎回アタリがある。(家内担当)
しかし釣れるのはハゼばかり。ちょっと背中のあたりがハデ目のハゼである
隣のチームもこのハゼに苦戦
なんとか1匹だけでもキスの顔が見たいとかんばったが釣れるのはハゼばかり
子供と釣り
この間、私はチヌの紀州釣りを続けるも・・・小魚がエサをつっついてるのか?一向にウキはは入らない・・・

そして、あまりにもの暑さに AM10:00 終了
淡路島まできてまたもや・・・やってしまいました

昼間は江井海水浴場で体を冷やし午後の部

サクっと軽めにサビキで爆釣して短時間で帰るという予定。(相変わらず考えが甘い)

で、今回選んだのが育波漁港(場所

PM5:30ころ到着 しかし誰も釣りしてない・・・

親子で騒いでいると、すぐさま地元の自転車おじさん登場
『まだ釣れへんやろ、お盆明けくらいでないと釣れへんよ』とのこと
9月くらいになるとたくさん釣れるらしいです。
『アジ釣るなら岩屋(場所)がええよ、橋の下かフェリー乗り場』

おじさんを信じ早速移動
岩屋(明石大橋の真下)に到着したのはPM6:30ころ

当然のごとく大勢のファミリーフィッシャーが
アジやイワシがポツポツ釣れている
1本釣りしてる人はメバルも釣れてましたね
すぐさま準備をしてサビキ投入
しかし、すでに時合いが終わったのか帰り支度をする家族も多い
釣れ方も渋く5回投入で1匹釣れる程度

がんばれば1匹、2匹と増えていくが、時間的にもものすごい微妙
4,5匹しか釣れないだったらリリースしたほうがいいだろうし・・・
そろそろやめようかと思っていたころ、飛ばしサビキのウキがズドンと沈む

これやもしや???

ちょっと強めにアワセて巻き上げる

が、群れが通過したのかすべての針にアジがついていただけだった
で、これで爆釣タイム発生かと思いきや複数Hitしたのはこの1回のみ

なんやんねん・・・

結局、1時間ほどやって10匹ちょい・・・しんど~
無計画なついで釣りってやっぱダメですよね・・・