19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

私のメインリールが19シーボーグ200Jなのですが、たまたまお友達がフォースマスター600を購入したのでまったく同じ釣りで比較することができました.タチウオテンヤの実釣で両リールを使ってみたので実釣レポートします.

まず、はじめに申し上げておきたのは、何を隠そう、私自身は完全なシマノ派で、ステラにはまだ手をだせていませんが、スピニングリールはバンキッシュまでをメインリールとしています.ベイトリールに関してはアンタレスDC、メタニウムDC、カルカッタコンクエストなどを所有する、シマノ大好き、シマノを信頼してるアングラーから発信するレポートということをお伝えしておきます.(比較すする上で、公平性を保つための前振りです)

昔はバス釣りしかしていなかったのですが、オッサンになるにつれ、海釣りもいろいろ楽しむようになったという経緯をもつ釣り人のレポートです.
そんなオッサンが船釣りするようになり、電動リールが必要となったシーンではじめて購入したのがダイワのシーボーグ300Jでした.番手的には万能系リールで、ブリまで狙える電動リール.マグロ系の釣りさえ行かなければ、近海の釣りで困りそうにないと思い300番を選びました.

シマノ派のオッサンが何で電動リールだけはダイワを選んだのか?釣りのテレビ番組の影響でしょうか?電動リールだけはダイワやろ?そんなイメージだけでダイワを選んでいました.

釣り道具って、実のところあまり他人の道具を手にすることはないですよね.今回はたまたま仲のいい友人がフォースマスター600を新調したということで比較することができました.近海の楽しむ釣りで使う電動リール、事実上のフラッグシップモデル対決『ダイワ 19シーボーグ200』と『シマノ フォースマスター600』の比較を実釣でレポートをします.

19シーボーグ200J

19シーボーグ200J 使い勝手◎

まず、私がシーボーグ300Jからシーボーグ200Jを追加したのは、釣り友達のレオブリッツ200Jを触ってしまったというのがきっかけです.一瞬の出来事だったのですが、200番台の小ささ、軽さを忘れられず、タチウオゲームなど、ライトな釣りは200番のほうは楽しそうというのが追加購入した1つ目の理由です.2つ目の理由は2種類のラインの太さを使い分けたいという意図で2台目の電動リールをを導入しました.

3年前、はじめてマイ電動リールを購入して使いはじめたのですが、それまでは乗合船レンタルや友達レンタルでレバー式のリールを使っていました.レバー式からダイワのJOGダイヤル式というのは何の違和感もなく、直観的に使うことができました.

19シーボーグ200J パーミング ◎

ただし、300Jは少し大きめでパーミングがやりずらいという問題がありました.そのパーミング問題を解決してくれたのがシーボーグ200Jです.
※パーミング=リールを手で覆うように持つこと

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

ブラックバスやタイラバ、カワハギ釣のベイトリールまでとはいきませんが、かなりコンパクトになったので、手元もしっくりした感じで、手で包み込むような感じで使うことができるようになったのがシーボーグ200Jです.

19シーボーグ200J サミング ◎

クラッチの入り切りも簡単ですし、サミング(指先のブレーキ)もやりやすい位置に配置されています.親指がスプールにしっかり入りますのでトラブルレスでサミングできます.

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

19シーボーグ200J JOGダイヤル ◎◎

そして、このJOGダイヤル 直観的に使えるので数分でものにできます.おそらく人間工学的にも優れていて、特に頭で考える必要もなく、重い通りに操ることができます.

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

はじめの何回かはダイヤルを回しすぎて急速に巻き上げてしまうなどの失敗があるかもしれませんが、数回の失敗で自然に頭と体が理解してくれます.ここまでくれば後は直観的に操作するだけになるので、魚とのやりとりに集中できるようになります.

どんな釣りでもシマノかダイワの1.5万円~実売2万円以上のものを購入すればほぼ間違いない、それ以上は好みやこだわりの問題、そう思っていましたが・・・

シーボーグ200J スペック
標準自重(g):475
ギア比:4.8
最大ドラグ力(kg):8
標準巻糸量ブライト(号-m):2-300、3-200
標準巻糸量ナイロン(号-m):3-250、4-170
ベアリング(ボール/ローラー):12/1
最大巻上力(kg):38(42)
常用巻上速度1kg負荷時(m/分):152(168)
JAFS基準巻上力(kg):9
JAFS基準巻上速度(m/分):190
※表内の( )内の数値はスーパーリチウムを使用した場合の概算値です。
ハンドルノブS交換可
付属品:リールバッグ、糸通しピン、スタンドカバー、工具、日本語シール、下巻き目安ゲージ、スーパーパワーコード(ブラック)

フォースマスター600

そんな中、仲のいい友達がフォースマスター600を購入したということで、少しだけ触らせてもらう機会を得ることができました.

フォースマスター600 グリップポジション ×

手に持った瞬間 パーミング(パーミング=リールを手で覆うように持つこと)できないんですけど・・・

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

ん? あ? ・・・

まず、ロッドとリールを握るポジションが分からない
見ての通り、ロッドはシマノのリミテッド モデラートというハイエンドロッドです.

仲のいい友達には絶対に言ってませんよ!でも心の中で
繰り返しになりますが、とにかく握るポジションが分からない

そして、何より重心が悪過ぎる(これはもしかしたらオプション設定にない直結バッテリーを付けていたせいかもしれません)仮にそうだったとしても、これはちょっとポジショニングがおかしすぎます.
この写真の手の位置のポジションだとクラッチon/offとサミングはできますが、巻き上げのダイヤルまで指が届かないんです.ほどんどの人は握り直して操作する必要がありそうです.キャスティング用のベイトリールは握り直すのが標準ですが、もしかして淡水開発チームが設計した?そんな印象です.

もしくは、ダイワとシマノの違い?
いやいや、そもそも私はシマノ派で非電動リールは全てシマノで、ダイワのベイトリールは1つも所有していません.シマノのベイトリールを使って、ロッドとしっくりこない組み合わせなんて出会ったことがありません.

まあ、バランス、ポジションに関しては100歩譲って、合わせているロッド、バッテリーの相性が悪かったということにしましょう.

フォースマスター600 クラッチシステム ×

次に気になったのが、クラッチの操作感.鳴り物入りで採用された、新しいクラッチシステム.

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

高級な車ほどドアの開け閉めに”いい音が鳴る”と思います.リールも同じように高級なリールほど、剛性が高くなるので、クラッチの入り切りの、あの『カッキーン』の感じが心地よく響きますよね.

リールの価値の中には飛距離とかブレーキ性能は当然ですけど、我々、おっさんアングラーはクラッチの『カッキーン』の心地よく良さにも1万円くらいは払ってる感覚はあるんですよ.

ところが、フォースマスター600のクラッチの感覚ときたら、なんだ?この『プラスチック感』実売6万円を超えるリールとは思えない・・・例えるならスーパーカブのクラッチ
確かに、世界一丈夫な壊れないクラッチですが、フラッグシップ的な感じではないっす.

しかも、クラッチを切っても同じ位置に戻るのでクラッチのON/OFFが直接に脳の伝わらないという問題も・・・

むしろ、直観的に使えないので使いにくいんですけど~

親指の根本が下がってるときはクラッチOFFという、どのベイトリールにもある感覚がこのリールにはないので、常に、ONなのか、OFFなのかを頭に記憶しながら釣りをする必要があります.まあサミングしてるときはOFFなのですが、長年の操作で身にしみ込んでいる感覚を、このリールだけに合わせるのはたいへんです.便利そうで便利でないクラッチ機構となっています.

フォースマスター600 サミング ×

さらに、フォースマスター600のサミング(指先のブレーキ)もめちゃくややりずらい・・・
スプールを抑える行為 サミングがしやすとカタログには書かれていますが、逆に離れすぎてやりずらいんですけど・・・
バス釣りの感覚だたからか?本来サミングって親指の先でやるもんではないですよね?ラインを直で触るなら親指の真ん中あたり、もしくはスプールの端っこを親指の爪の付け根あたりで触る感じでしょうか.電動でないベイトリールは全てそういう設計になっているのですが、なぜこのフォースマスター600だけおかしなポジションになっているのだろうか?

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

私の手が小さいってのもあるかもしれませんが、届きませんけど~
ダイワのシーボーグ200Jは普通に届いていますので・・・
設計ミスと言われても仕方がないくらいおかしな設計になっています.

フォースマスター600 タッチドライブ ×

さらに、さらに 致命的なのがこのリールの売りの1つである『タッチドライブ』

『タッチドライブ』電動の巻きの速さをコントロールする機構、コレかなりヤバイ代物のような気がします.

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較

誤動作というと言いすぎかもしれませんが、意図しない動作を普通にするんです.
おそらく、JOGダイヤルが特許の問題で、ダイワと同じ仕組みが使えないのは分かります.
まあ、利用時間が10分くらいのことなのでなんとも言えないところもありますが、1回、2回釣行で使い込めば慣れるんだろうか??? ん?~かなり怪しい機構になっています.

せめて、もう少しタッチのボタンを重く、深く入るようなスイッチにしておけばいいと思うのですが、マウスをクリックするような感じで軽すぎることが問題を大きくしているような気がします.小刻みにスピードをUP/DOWNするにはいいのですが、UPの上のボタンを何気にグっと押すといきなりMAXスピードを巻き上げはじめる動きをします.慌ててDOWNのほうを押すのですが、なんじゃこりゃって感じです.開発者はノートパソコンのトラックポイントを知らなかったのだろうか?アナログチックに操作できる圧力を検知するセンサーを埋め込めばまだ良かったと思うのですが、ちょっとの力でMAXの巻き上げがはじまってしまうという、かなり操作性の悪い(繊細過ぎ)ボタンになっています.

釣れてもいないのに、釣り友が電動MAXで巻き上げているシーンが何度もありましたが、釣れたの?と聞いた、そのたびに『慣れてへんねん』と言ってました.

その時はなんのことか分かりませんでしたが、実際にフォースマスター600を手にとって『タッチドライブ』を操作すると、、、いきなり電動MAXのウィーン
なるほど、これはかなり慣れないと誤動作させてしまうわ、、、

いやいや、仲のいい友達なので『ちょっと慣れが必要だね』くらいまでしか言えませんでしたが、これは明らかにフォースマスター600は”ヤバイリール”かもしれません.
人間工学的に使いやすいの反対の言葉があるのか知りませんが、ほんとうに人が使う道具として作ったのか?疑問に思ってしまうような機構になっています.

ということで、タッチドライブ機構においてはシマノというだけで信頼して購入するのは『ストップ!』

別にダイワを強く推奨するわけではないですが、購入される方は必ず実機を触って、電気を通して感覚を味わってから購入を決断したほうがいいです.少なくとも、クラッチの感覚くらいは体験したほうがいいです.

1回も触らすNetで購入・・・フォースマスター600に限っては絶対にやらないほうがいいです.
繰り返しになりますが、これはシマノ大好き派、シマノ信者からの声というのをお忘れなく.

>>参考  さすがにシマノも非を認めてプログラムをアップデートするようです

フォースマスター600 スペック

ギア比:5.1
最大ドラグ力(kg):8
自重(g):495
PE[パワープロボートゲーム]糸巻量(号-m):2-300、3-200 / フロロ糸巻量(号-m):3-210、4-160
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):53
スプール寸法(径mm/幅mm):33/30
スプール下巻ライン(PE号ーm):2-200、3-100
ベアリング数BB/ローラー:9/1
ハンドル長(mm):65

19シーボーグ200Jとフォースマスター600の比較のまとめ

シマノ贔屓、シマノ大好きな、シマノ派が作成した比較表です.期待しすぎて厳しい評価になっているのかもしれませんが、実釣で比較すると、このような評価を付けざるを得ません.予想するに淡水リールのエリート開発チームが海水電動リールを手掛け、薄々みんな気づいているけど誰も意見や設計変更や企画のストップを言えなかった・・・スケールが違いすぎますが、XXX重工の超エリート集団が飛行機作りに失敗を続きける企業構図に似てるような気がします.

19シーボーグ200J フォースマスター600
メーカーHP ダイワ シーボーグ200J シマノ フォースマスター600
パーミング
=リールを手で覆う持ち方
サミング
=スプールの親指ブレーキ
クラッチ 一般的なリールと同じ
(直観的)
同じ位置に戻る
(記憶しておく必要がある)
巻きコントロール JOGダイヤル
(直観的)
タッチドライブ
(繊細で慣れが必要)
総合的な使い勝手 残念ながら✖
定価 ¥77,000 \82,000
実売価格 ¥63,000~くらい ¥58,000~くらい
重さ 475g 459g
ギア比 4.8 5.1
最大ドラグ力 8kg 8kg
糸巻量(PE) 2号300m 3号200m 2号300m 3号200m
ベアリング
(ボール/ローラー)
12/1 9/1
巻き上げ力
比較不能
小物用なので比較必要なし 小物用なので比較必要なし

2020年フォースマスター601で犠牲者を量産

繰り返しになりますが、関西人やし、地元のシマノ大好きオジサンです.しかし、このフォースマスター600『タッチドライブ』のリールだけはお勧めできません.記事にはしましたが、仲のいい友達が所有している高級リールなので、仲間内では批判をしていなかったんです.

すると・・・左利きのおじさんが、、、やちまった~

使えないフォースマスター600左

5万円以上する釣り道具、仲間に『失敗した?』とは言えませんよね.お小遣いを貯めてようやく買ったリール、めちゃめちゃ気持ちは分かります.大金をはたいて買ったリールが役に立たないなんて口が裂けても言えません.しかし、背中が物語っています.
開始数時間で諦めて手巻きリールのタックルに変更していました.そして、この日(泉州の鬼アジ狙い)、衝撃の出来事が、、、昨年、フォースマスター600を導入した600オーナーが別の電動リールを持ってきてたんです.あれ?フォースマスターは?フォースマスター600オーナー曰く『繊細な操作が必要な釣りには向かない』とはっきり言ってました.それって、使いづらいリールってことですよね.突っ込みを入れず『ふ~ん』とスルーしましたが・・・

帰りがけ、フォースマスター601左のオーナーに、『タッチドライブ』の使い勝手どうですか?と聞いたところ、『繊細な釣りには向かない、タチウオなど、一気に巻アワセるるような釣りに向てるかも』と、万能電動リールでないことを安に物語っていました.

『タッチドライブ』とにかく、買う前に、実際の使用感を確認してからにしましょう.

参考>>ヤバリール フォースマスター600